文字サイズ

 

M O L L Y  A C K E R M A N の メ ッ セ ー ジ


 

Message for the Opening Ceremony
Atomic Bomb Art Exhibition
August 4, 2010
by Molly Ackerman

 

オランダからのオープニングメッセージ!!

 

広島・長崎、被爆65周年記念日に、日本で皆様と共に過ごすことができないことを残念に思います。昨年は多くの方々が私たちに心と家庭を開いてくださり、ありがとうございました。東さん、神谷さん、児玉さん、この行事をまとめてくださってありがとう。ローズ・コムでのこの展示会の実現に尽くしてくださった全ての方々に感謝します。それぞれ希望のビジョンを持ってこの展示会に参加してくださったアーティストの方々に感謝します。生き延びて、世界が決して忘れないようにと体験を語ってくださる方々に敬意を表します。この悲劇を受け止めて「平和」への模範へと変える道を見つけてくださった方々に敬意を表します。
偶然など無い、という人もいます。だから私が6歳の時ニューヨークのアパートの向いの人が広島出身だったことも、決して偶然ではなかったのでしょう。私の母は、のこぎりを持って来て食堂のテーブルを短く切り、その日本人一家と一緒に、フロアーに座って食事ができるようにしました。その時初めて私は「戦争」と「平和」という概念に触れたのです。私の両親は原爆の悲劇をオープンに語りました。一つの都市のほとんど全ての人を無差別に殺すことになる爆弾を落とすなどということは想像つかない、全く考えられないことだと。
学校でも広島・長崎のことは教わりました。ショックでした。恥ずかしいと思いました。ぞっとしました!!それがアメリカの歴史の一部なのです。原爆による戦争解決は正しかった、という先生の説明に、私は決して納得できませんでした。
もう一つ、個人的なお話があります。愛を見つけた話です。ニューヨークの美術学校に通っていたとき、ハドソン川の近くのスプリング通りの古い家に一部屋を借りていました。その近所のペックさん宅に「えいこ」さんと「みずお」さんがいました。お母さんは「水沢さなえ」さんで、原爆投下前日の1945年8月5日生まれでした。だからもし生きておられたら、あさってでちょうど65歳になるところです。「さなえ」さんは私と同じアーティストでした。しかし、彼女に会える機会はありませんでした。彼女は私が近所に引っ越す2,3週間前に白血病で亡くなられたのです。
彼女の2人のかわいい子供たちは泣きながら私の腕に飛び込み、必死に私の心にしがみつきました。私は謙虚に2人を受け止めました。その2人の子はジョージというお父さんと、芸術家の大きなロフトに住んでいました。お父さんは自分の妻の悲劇的な死に、怒りを感じておられました。
私たちは多くの時間を一緒に過ごしました。一緒に料理や食事をしたあと、幾夜も私は子供たちを見守りながら眠りました。子供たちはとても強く私を抱きしめるので、時には痛いほどでした。彼らは世界で一番大切なものを私にくれました「愛」です。その子たちが私を必要としていたのと同じくらいに私はその子たちを必要としていました。「えいこ」は母を失ったときわずか4歳でした。「みずお」と「えいこ」にとって、それは個人的な悲劇でした。戦争というものは個人的な悲劇をもたらします。
この子たちは強く立派でやさしい大人に成長しました。二人が私と人生の一部を共有してくれたことを私は感謝しています。二人を通して私は日本、特に広島と深い関係をずっと感じてきました。平和は私たちの心の中から始まるものだ、心と心がつながって世界を変えることができるのだ、ということを私はこの二人から学びました。
この世を旅しながら、私は芸術の交流を通じて多くの人に出会い、共に生きてきました。しかし、広島県出身の人々の心ほど深い愛が流れているところは決してありませんでした。
目と目を触れ合い、心と心が許しの気持ちで出会いながら。
2010年8月、オランダ・ライデンより
モーリー・アッカーマン

I  am so sorry, that  I could not be in Japan to share in this event with all of you on the 65 year anniversary of Hiroshima Nagasaki remembering. Last year many of you opened your homes and your hearts to us, thank-you. .Gratitude goes out to  Azuma-san Kanya-san and Kodama-san for bringing this event together.  Gratitude to  all of you  who have made this exhibition at Rose Com possible. Gratitude to the artists participating with their visions of hope. Respect to the guests the survivors who live to tell their stories, so the world can never forget. Respect to the people who have found a way to take this tragedy and turn it into an example for ‘ ‘PEACE’.
Some say there are no coincidences. And so it was no coincidence that when I was 6 years old in NYC that the neighbors across the hall of the apartment house were from Hiroshima. My mother took a saw and cut the legs of our dinning room table so we could sit on the floor and eat like and with our Japanese neighbors. It was then I first came in contact  with ideas of  ‘WAR’  and ‘PEACE’. My parents spoke openly of the tragedies of the nuclear bomb. It was unimaginable to think that anyone could drop a bomb which would kill indiscriminately nearly an entire city of people. Unimaginable.
We were taught also in school of the bombs in Hiroshima and Nagasaki. It was shocking. I felt ashamed. Horrified!! It is a part of American History. The teacher could never convince me a nuclear  solution was OK.
Another personal story: a sorry of found love. During the time of Art School in NYC I rented a room in an old house on Spring Street near the Hudson river. There on the next block lived  Eiko and Mizuo Peck. Their Mother Sanae Mizusawa had been born in Hiroshima just a day before the bomb dropped  on August 5th 1945 And so she would have been 65 years old in a few days.  Sanae was an artist like me. But I never got the opportunity to meet her. She died of leukemia a few weeks before I moved into her neighborhood.
Her two beautiful children fell into my arms with tears and hugs, desperately clinging to my heart, humblely  I received them. They lived with their father George down the block in a big artists loft. George was filled with anger at the tragic death of his wife.
We shared so much time together. Many nights after cooking and eating together, I would sleep over with the children. They held me so tight, it sometimes hurt. They gave to me the most precious thing in all the world: ‘LOVE’. I needed them as much as they needed me. Eiko was only 4 years old when he lost his mother. For Mizuo and Eiko it was a personal tragedy. War brings with it personal tragedies..
These children grew up to be strong loving kind people. I am so grateful they shared a part of their lives with me.  Through them I have always felt a deep connection with Japan and in particular Hiroshima. I learned from them that Peace begins in our own hearts,  from here heart to heart it is possible to change the world.
In my travels through this world I have met and lived with many people through  the exchange of art. But never did I find a place where the river of love flowed so deep as in the hearts of the people from The Hiroshima Prefecture.
As eyes touch eyes, hearts meet in the reckoning of forgiveness.
Molly Ackerman Leiden Holland August 2010

 

2 0 0 9 年 度 原 爆 絵 画 展 へ

 

 

 

[ お問い合わせ ] 有限会社・アズデザイン( 広島県福山市神辺町徳田1726-3 )
084-963-8188
FAX 084-963-818