文字サイズ

 

何かへんじゃ(ブログ)

2016/07/31 (築城時の福山城が甦る) 模型福山城と福山城歴史パネル展

模型福山城と福山城歴史パネル展のご案内   制作者 和久井裕道・縮尺 (1/60)

築城時の福山城を甦させる為、城模型日本一が完成します。是非期間中にご覧下さい・・・。

 

2016/06/28 築城時の福山城は姫路城より大きかった・・・。

福山城縄張り面積 333,300平米・姫路城縄張り面積 245,500平米

福山城縄張り面積は広島のマツダスタジアムが14.5球場が入る巨城であった。経済リポートに掲載されました・・・。

2016/02/13 加藤清正像

加藤清正公像と水野勝成公と此の寺法宜寺との関係

この日午前中阿部神社にて建国祭の式典に参加し、我々が現在有るのは過去の先人達が築いた文化であり、そして現在が有る事を改めて考える思いがしました。そして午後久しぶりに鞆の浦に行き 加藤清正 縁の寺(法宜寺)に参り許しを得て本堂に上がり下記の加藤清正像を写真に治める事が出来ましたのでご紹介します。この情報は熊本城の歴史研究会の人達によって作られた貴重な資料本が、有る人を通じて頂きました。この本の3分の一が福山城の開祖水野勝成公と実の妹(清浄院)(水野忠重女・徳川家康養女)等の事が書かれた記録本です。此の寺に纏わる事柄を纏めて下記にて紹介します。

2016/02/08 福山城模型制作途中経過(中国新聞掲載)紹介。

中 国 新 聞 ( 福 山 版 ) 記 事 紹 介 )

中国新聞(福山版)、今日下記の大きな記事にて紹介して頂きました。私たちの最終目的は、後6年先の築城400年の年(2022)を目指して行動を仲間達と計画をしています。その時の外堀周囲を再現します、その面積は家の1件分(10M×10M四方)になります。その手始めに下記の(一の丸)の有る櫓そして囲いの(多聞櫓)・塀塀などが9月末までに完成予定です。その後、日時が決まれば大きなイベントを計画しています。その面積は(4畳半の面積 (このように緻密にコツコツ前進しています。この先市民のご指導とご鞭撻の程を宜しく御願いします。

2016/01/20 福山城模型制作 縮尺(1/60) 孤軍奮闘中!!

福山城天守閣の有る(1ノ丸)製作中!! (製作者 和久井裕道)

福山城築城400年に向けて、製作中の和久井裕道氏による縮尺(1/60)で2021年までには第2堀内の全ての建物を再現する為に孤軍奮闘されています。完成の暁には、今まで類のない日本一の城模型が完成します。家の1建分 (10m×10m四方) の巨大模型建造物が完成予定です。今年の9月頃までに天守閣の有る(1の丸)を5つのブロックに分けて製作中です。天守閣の高さが約50cmで畳4 畳半の規模です。途中完成の暁には福山市民の前に発表する予定です。そのときは応援宜しくお願いします。それでは紹介します。

 

2015/12/31 あけましておめでとうございます

 

 

2015/12/20 福山城遺構配置図 今と昔
築城時の福山城は姫路城より大きかった。

築城時の福山城は姫路城より大きかった事が判明した。(南北は現在天満屋玄関位置からどんどん池迄、約700M 東西はリム・エフピコからNTTの鉄塔位置迄600Mありました)その福山城西側の櫓遺構が跡形も無い程崩れ、見ずに見られず此の地図上で再現しました。もし西側福山城に行かれた時是非確認して見てください。それではご紹介します。

・下写真の説明 (此の写真位置の右側上南端から神辺一番櫓・二番櫓・三番櫓・四番櫓・乾櫓と北方向に配置していました)

現在は見るも無惨な光景と化しているのが現状である。

 

2015/12/01 (福山城築城前と水野家断絶時の福山の地形)

城築城候補地(常興寺山)決定時の地形と水野家断絶時の地形比較図

 此のたび現在の地図の上に広範囲な地域の海抜を調べ其れにもとずいて下図を完成しました。水野勝成一行が上陸した地点を基準にし干満の差を地図の中に表記し、其の結果下記の地形を推測しました。

2015/11/11 展示会のお知らせ

(福山城堀遺構の記録)と(水野勝成の変遷記録) 11月30日(月)展示中!!

場所 リムエフピコ1Fと2F

11 月 30 日 (月) ま で 展 示 中 !!

ただ今、展示中です、福山城に興味の有る方是非ご覧くださいますようご案内申し上げます。

 

2015/10/14 福山城堀遺構巡りのご案内!!
福 山 町 ツ ア ー  家 族 で ( 1 0 0 年 前 を 歩 こ う )

 日にち:2015年11月3日(火) 文化の日

・集合場所 エフピコRIM南玄関前 ・集合時間 午前の部 9:45 午後の部 13:45

内容:福山城堀遺構巡り
【午前の部】10:00~12:00(集合時間9:45)
【午後の部】14:00~16:00(集合時間13:45)
※どちらかお選び下さい。
参加費:100円(資料代)、小学生以下無料ですが資料がありません。資料が必要なお子様は資料代が必要
定員:各30名ずつ※お一人様からのお申し込みも受け付けております
お問い合わせ・申し込み:日本再生研究会 福山
【電話】090-1350-1235(峯松 浩道)
【メール】
minezo0926@yahoo.co.jp
【FAX】084-956-4715(住所、氏名、電話番号をご記入の上、お送りください)
【Facebook】Facebookイベント:
https://m.facebook.com/fukuyamazin

 

 

2015/10/07 元祖うづみ御膳と(城模型・神辺城歴史変遷)展
(元祖うずみ御膳と展示会のお知らせ)

10 月 18 日 (日)  廉 塾 庭 内

此のたび関係者の都合により此の企画は中止に成りましたのでお詫び申し上げます!!

( 尚、うづみ御膳の企画は行われます )

 

 

2015/09/16 講演のお知らせ

「 水 野 勝 成 公 変 遷 記 録 」

と き・2015年9月27日(日)18:00〜19:00
ところ・福 山 城 伏 見 櫓 2 階
演 題・「水野勝成公変遷記録」 講師・東 誠山
座談会・「水野勝成公の偉業」

 


 

2015/09/05 展示会のお知らせ

展示会場 リム・ふくやま2F展示会場 ( 南エレベーター前 )

備  後  国   神  辺  城  と  福  山  城

この街は今から約400年前に城下町として誕生しました。貴方は此のまちの歴史をしっていますか?

 

 

2015/08/24 福山城天守閣・伏見櫓・筋鉄御門の模型完成 !!

天守閣・伏見櫓・筋鉄御門 模型完成 !! 製作者 和久井裕道

 

現在 9/3(木) 〜 30日(水)まで開催中!!

 

2015/07/16 築城時の福山城再現

模型で築城時の福山城を再現

制作者・和久井裕道 氏によって築城時の福山城が完成しましたので皆様にご紹介します。福山城は関ヶ原の戦い以後、日本最後の城郭建築です。掘り周囲の面積は姫路城をしのぐ大きな城でした。福山城は他城に誇れる規模が3つ有ります。1
つ目の福山城は3櫓を7櫓もち、大阪城・岡山城・福山城と3番目の城です。2つ目は多聞櫓(櫓と櫓の連結廊下)の総延長は大阪城・姫路城・福山城と3番目です。最後に水道網の規模は江戸神田上水道に続き2番目です。そのような福山城で有った事に誇りを持ちたい者です。後、7年後は築城400年の節目の年です。そして、皆で考えよう福山城。

南 側 か ら 見 た 天 守 閣

北 側 か ら 見 た 天 守 閣

 

2015/05/27 「神辺城・福山城模型展示公開中のご案内」

 6月/15日(月) 迄 「 神 辺 城・福 山 城 模 型 展 示 公 開 中 」

場所 神 辺 町 図 書 館 ロ ビ ー に て

先月、4月1日~6日迄 福山本通り(ふくふく)で大盛況だった同じものが地元神辺図書館ロビーにて展示しています。 制作者 和久井裕道氏 (神辺在住)

来月15日以降は神辺民族資料館にて展示予定。

 

 

此の模型の屋敷と櫓の中間100Mは切り取っています。

 


2015/04/27 聰敏神社

聰 敏 神 社 例 大 祭 に 思 う

私は先日4/25(土)の式典に出席して思った事は、現在においても水野勝成公を偲び毎年この式典が続けられている事の素晴らしさに感動を感じ得ました。春と秋の祭典に結城市から水野家20代当主を囲み厳かに開催されました。福山城の創設者水野勝成公の足跡の中に「常山紀談」の名言を紹介します。「全ての士に、身分の貴い、賤しいはない。主君となり、従者となって、互いに頼み合ってこそ、世は立つ習いである。だから大事の時は身を捨てて忠義をなすのだ。汝らは我をば親と思われよ。我は汝らを子と思わん」現代の言葉でいいかえれば「主であれ従者であれ、お互いの信頼関係によって世の中は成り立つものである。従って大事のときは忠義をつくし、あなた方は私を親と思いなさい。私はあなた方を子供と思います。」私は今水野家の書状を研究しています。干拓のところで次の文章もあります。「2年不作が続いたら藩も苦しいが農民はもっと苦しいから、けして租税を催促するな」築城から断絶まで80年の治世の中で農民一揆が一度も起きていない。後7年後 2022年は福山城築城400年の節目の年です。私を含めて、福山市民は福山市の基礎を築いた水野勝成公を今一度見直したいものである。福山市には多くの文化が存在しているから。そのためにも・・・・・・・。


 

2015/04/26 水墨画老人介護施設展示作品紹介(奈良市)

水墨画(作品名 仲間・友情)2作品紹介

私の水墨画が先月末に奈良市の大きな老人介護ホームに収まる作品2点の依頼があり2年ぶりに描きました。なんとか自分なりに満足出来る作品が仕上がりました。(本紙サイズ50cm×75cm)1昨日福井に出張の帰りに奈良により施設に収まった作品を改めて見ました。収まる場所の空間によりより良い作品に見えましたのでホットしました。その後理事長に各部屋 施設など見せて頂き、新築なので清潔感と安心感を感じ取りました。いずれこのような施設にてお世話になるのかなとダブルイメージで複雑な気持ちになりました。

 

2015/04/11 「模型で甦る福山城と神辺城」展示会成功裡に終わる。

「模型で甦る福山城と神辺城」展示会終了

此のたび福山市本通り(ふくふく)にて6月1日~6日の6日間開催しました。此のたびの展覧会は報道関係のご尽力の賜物と関係者一同深く感謝申し上げます。5日の講演日の午前.午後を会わせ250人以上の来場者があり、述べ6日間の入場者は600人を超えた模様です。

講演会場風景

福山城展示模型風景

天守閣の有る一ノ丸風景

2015/03/03 模型で甦る福山城と神辺城

福山城と(東側下屋敷)・それに纏わるパネル展示そしてスライドによる講演のご案内。

下記の日程にて4月1日(水) ~ 6日(月)福山城と(下屋敷)・神辺城の模型展示とそれに纏わるパネル展示と講演「4月5日(日)」を計画していますのでご案内申し上げます。なお講演はスライドによる「福山城にまつわる歴史」を解り易く講演をいたします。

 

西側に寛文18年(1641) ~ 寛文19年(1642)水野勝重(勝俊)の下屋敷完成全景図

2015/01/13 福山城(第一堀内)全景立体模型写真

福山城第一掘内全景模型写真 (1/200) 制作者 和久井裕道

このメニューの中で、昨年12月17日に紹介した福山城の全景図を再度紹介します。昨日、和久井裕道氏 を訪ねて見たところ9割方完成していました。私が今迄福山城の模型を見た中で最高レベルの完成度でした。ここ迄、造られた制作日程は4ケ月程です。制作過程の中で一番の苦心は1ノ丸にある伏見御殿だそうです。全体の櫓とのバランスと実際にあった御殿の建物サイズの数値を有る文献を発見し多くの櫓との適合性を確認しながら造られたそうです。縮尺は( 1 / 200 )

 

福山城の規模を示す現在地図と築城時の遺構を示す合成地図

下記の地図は現代地図と福山城遺構の合成位置図です。この地図の中に100M単位の( 縦・横 )軸を引く事によって福山城の規模を表現しました。 参考 (姫路城は南北600M・東西500M)で少し楕円形です。

2014/12/18 福山城天守閣の変遷

私たちが思っていたものと違う天守閣構造に変遷があった。

下記の写真の3番の写真が明治・大正・昭和に見られる天守閣全てがこの写真で私自身もこの写真が築城時の構造だと思い込んでいました。そして今日の天守閣構造が違うものと思っていました。1・2 の発見で築城時は檜皮葺きで阿部家時代の江戸中期に改築しています、明治の写真から推測すると、その時檜皮葺きから5櫓目を板回しに変えその時4櫓屋根檜皮葺きを瓦屋根に変え、戦前までこの写真で見る事が可能でした。そして福山築城と同時代に現在の岡山県津山市に元和2年(1616)に津山城天守閣は13年の歳月をかけ完成しています。福山城と同じ檜皮葺きの屋根が使用されています。この津山城築城後わずか6年後に福山城が完成しています。従って2番の構造のイメージが私は正しいと思います。

 

2014/12/17 福山城模型制作過程

福 山 城 模 型 立 体 制 作 過 程 奮 闘 中 !!

廉塾・エフピコリム福山にての神辺城の模型展示にて好評だった制作者 神辺町在住の 和久井裕道氏が今度福山城の模型に挑戦奮闘中です。私も廃藩置県前の福山城の写真・古絵図など協力し、2月末迄に完成予定との事です。これから一ノ丸にあった伏見御殿・植木・第一堀など制作予定の様です。この福山城は築城時に出来るだけ忠実に再現されるそうです。今から完成が楽しみです。

 

2014/10/14 地元神辺町にこのような人がいたのか・・・。
神 辺 黄 葉 山 に 立 体 神 辺 城 を 再 現 !!

今日、素晴らしい出会いが有りました。午前中、私のホームページを見て神辺城に関わる電話が有り午後お会いする事にしました。見て驚きました、これが素人の作品なのかと、下記に示すように神辺城を見事黄葉山に立体復元していました。過去に昔の国分寺の再現を写真で見せて頂き、二度驚きました。制作過程において、色んな角度から緻密に計算し制作する過程を聞き敬服しました。これから先、地元神辺(福山)歴史を正しく見つめ、福山市民に正しい歴史を拡散しようと確認をしました。まず最初に10/19(日)の廉塾でのイベント展示に参加して頂き、その後(リム・ふくやま)旧そごう(2階エレベーター正面)空間にての展示も参加して頂き、視覚的に見える展示手法にて市民と共に歴史観を共有したいものです。


 

2014/10/12 展示会のお知らせ (※ 神 辺 城 の 歴 史 変 遷 ※ 福山入り江(昔と今)写真展)
神辺うずみ御前と土塀にて歴史写真展

平成26年10月19日(日) 会場  廉塾

午前10時 ~ 午後2時

お食事コーナー (神辺うずみ御前)

廉塾土塀にて展示題目

※ 神 辺 城 の 歴 史 変 遷 ※ 福山入り江(昔と今)写真展

もし、地元歴史に興味をお持ちの方は是非ご覧くださいますようご案内申し上げます。

 

第1回ふくやま歴史まつり (パネル展示)

平成26年10月25日(土) ~ 11月3日(月)
会場 リム・ふくやま  ( 旧そごう )
2F エ レ ベ ー タ ー 正 面 パ ネ ル 展 示
※ 福山入り江(昔と今)写真展  ※ 水野勝成と福山城の変遷

主催 福山駅商店会街まるごと歴史博物館プロジェクト・後援 エフエムふくやま

 

2014/09/09 (第3回) 水野勝成まつり

福山城開祖 水野勝成公生誕450年を祝うイベント

昨日、夕暮れから福山城址公園勝成公銅像の前にて生誕450年を記念して、中秋の明月を背景に素晴らしいイベントがあり、その輪の中にいて素晴らしい感覚を皆さんと共有する事が出来ました。関係者に感謝致します。有り難うございました。

 

2014/08/16 聰敏神社

〈 聰敏神社・西備名区に思いをよせば 〉

福山城北側にある八幡神社のすぐ裏手に聰敏神社がある。この神社は水野勝成を祀った神社で、2007年社殿の屋根葺き替えると共に社殿も整備されました。元は、2代勝俊公が勝成公死後(1651年)徳霊社として城内に創起するが、水野家の改易(1698年)にともない顧みなくなり荒廃していました。享保5年(1720) 祖 (坂田玄山 水野勝成公の御典医) が水野家家臣であった阿部家の医師馬屋原玄益らの尽力により八幡宮の現敷地に再起し明和元年(1764) 新たに聰敏神社となる。しかしその後も阿部家の治世でも荒廃は免れず、〈そうびんの乱れし神をゆわずして、ばんこ頭を勇鷹神)とゆう落首が読まれるほど荒廃していた。のち阿部家世相中、阿部家の神社ばかり祀り上げるとは・・・・と阿部家を批判した当時の戯れ歌である。また水野家時代(79年間)の間経済の発展と干拓に明け暮れその間、農民一揆も一度も起こらず、水野時代平穏な治世だった事が想像出来ます。私は時折このような事を思い起こす事が有ります。もし福山の地に水野勝成公が福山に来なかったら松平・阿部家も無く今の福山の地形もなく私たちも福山に存在していません。そして、現在の新幹線も山裾を走っていただろう。今から8年後福山城築城400年の年にあたります。少し遅いかもしれないが、地元福山城の歴史をまなび福山市民全体で築城400年の祝いを一考するのも意味深いのではなかろうか。

2014/05/15 府中市上下町に世界最古の印刷物出現!!

百万塔陀羅尼の云われ

先日、府中画廊喫茶(友楽甼)にて、マスターから私の知らないお客さんからこの情報を聞きその日に持ち主の家に案内して頂きました。この写真は世界最古の印刷と聞き早速インターネットにて、調べたらこの百万塔陀羅尼は奈良時代の終わりに近い天平宝字8年(764)の時代のものです。現在は法隆寺のみ保存され、博物館や個人の所蔵は数基のみである。その中の1基がこの上下町にあり驚きました。由来説明は下記の写真説明をご覧ください。

( 持ち主の名前はプライバシーに関わるので控えさして頂きます )


 

2014/04/27 水野勝成公が再築した伽藍にまつわる話

瑠 璃 光 殿  ( 真 言 密 教 薬 師 寺 ) 水野家家紋軒瓦(おもだか)が許された寺

先日、福山市東深津にある薬師寺に水野家家紋の(おもだか)軒瓦の存在を知り写真撮影に行きました。そして、驚きました。何と本物の軒瓦が約30枚と大きな鬼瓦がありました。この寺は真言密教の寺で下記の想像イメージ絵図のように南北約300Mの伽藍でした。この寺は水野勝成公により再築されました。当時、深津高地東の干拓時にこの寺に立ち寄り住職と囲碁をされた記録が記してあります。菩提寺でないこの寺に水野家の軒瓦が許された事は水野家と深い縁が当時有ったものと推測できます。「この伽藍は明治末期に大火事が有りその時焼失しています」

            ( 現 在 の 本 堂 他 は 平 成16年4月14日 に 建 て 変 え ら れ て い る )

 一昨日、広島市におられる前住職に電話で聞き取りしたところ、明治末期の時 火事に遇いその後 住職は広い地域を行脚し寄付を募り本堂と社務所(当時生活をする住まい)を建設した、その住職が亡き後同じ深津の真言の寺(長尾寺)から住職を迎え、その住職亡き後(美山住職)がこられ昭和初期頃本堂のみ(旧家の麦わらを覆う)ようなブリキ屋根に変えその時に水野家の家紋軒瓦を堕ろし、下記の写真のような形で数十枚の江戸時代の本物 水野家軒瓦が現在 残存している所以です。


            ( 水 野 勝 成 公 時 代 に 再 築 さ れ た 想 像 伽 藍 イ メ ー ジ 絵 図 )

2014/04/17 神辺から発見された古絵図

天和3年安那郡川北村絵図

下記の絵図は1619年神辺城の櫓と京都伏見城の櫓が移築され1622年に福山城が築城されて61年後に出来た絵図です。(その絵図を解り易く色付け加工しました) 3大将軍徳川家光時代(1635年)に参勤交代が始まり、その48年後に神辺から下記の図が今から6年前に発見された貴重な絵図です。この図の中に(御茶屋)の表示があります、これは参勤交代時に福山藩が造った宿場施設です。そして、三日市通の右角に(高札場)があります。この高札場は当時福山藩の掲示板の事です。掲示された紙が破れても町民は福山藩に届け、町民が勝手に紙に触れる事が出来ませんでした。中央の山(黄葉山)に(城山)と表記しています、これは元、城があった事を示す物である。そして、右端に高屋川から北に流れている川(天上川)が有ります。当時、北側から流れる支流川を天上川と読んでいました。高屋川には多くの天上川が存在していました。   (かけのはし)についての逸話

【 大内・毛利連合軍と尼子の合戦(神辺合戦)1543年~1549年の長い戦で決着がつかず最後に両大将が弓矢で勝負を提案し、負けた方が城明け渡しの条件の物語です。その結果毛利軍の勝利 】

実際には、杉原理興・盛重(尼子側)と毛利側との合戦は長期戦になり毛利側はこの地区の尼子側陣営の城を配下にし、兵糧攻めに持ち込み堪え兼ねた尼子側の断末期には兵士の食料が無くなり有る夜、富田城に逃げ帰のが事実関係である。その後、杉原理興・盛重は毛利に願い出て神辺城の城主に再びなる。

現在有るお寺 (西福寺) 七日市通の上・(万年寺) (光行寺) 高屋川の上

 

神 辺 城 の 主 な 歴 代 城 主 と 珍 し い 絵 図

下記の絵図は安永5年(1776)頃の珍しい立体絵図を加工し、建武の新制・室町時代・安土桃山時代・豊臣時代・江戸初期までの主な神辺城主の変遷を表記しました。ご覧ください。

 

2014/04/06 大正中期の福山市地図

地図の中に描かれた海抜(ハザードマップ)

私は最近古絵図・明治・大正・昭和の地図に興味を持ち持ち続けています。昨晩、大正中期の福山市地図の中に平地の海抜M数(現在のハザートマップ)を発見し地図の中に解り易く、表記しました。水野藩が当時の干拓によって現在の福山市が有る事を改めて感服しています。当時の干拓後の海抜数値と明治・大正・昭和・平成・そして、今日の海抜数値は変わってないと思います。
水野勝成が蔵王山麓(綱木-2.2M)に船で上陸しました。そして、地図の中に海抜が表記したものを対比してみれば海と陸地の境が解るような気がします。そんな事を思い浮かべながらこの地図をご覧ください。

2014/03/24 明治33年3月30日発行の福山地図

明治中期の世相が解る福山地図

先日、発行記述の入った写しコピーが手に入り、街道・川・池等を色付けし文字を左側文字に打ち替え当時の世相が読み取れる事を発見しました。共有の皆様方に配信しますのでご覧ください。
(当時の芦田川の地形・当時の山陽道の位置・福山城第2掘りの蓮地の様子・江戸時代の武家屋敷の畑地の様子・吉津川の埋め立て・地名の呼び名等)興味新々・・・・。

 

 

水野勝成が福山上陸した当時の蔵王山麓は遠浅の海だった。

水野勝成上陸時には、蔵王山麓から深津島山が半島岬の地形でした。万葉集の中に恋の歌があります。
   道の後(しり) 深津嶋山(ふかづしまやま) しましくも君が目見ねば 苦しかりけり。 この他この半島の先の王子山に(1518年関ヶ原の戦い2年前)神辺城城主毛利元康が王子山城を築城し、関ヶ原の戦いで負け廃城となる。またこの時代少し前織田信長に追われ、毛利陣営に助けを求め鞆の浦に上陸し保護を求めている。この半島の東側にある蔀山に滞在していた伝承あり。これらの地形は向永谷、馬屋原重帯(うまやはらしげよ、宝暦12年[1762]~天保7年[1836])が著した備後全域の地誌に表記してある。

 

福 山 藩 4 代 藩 主 水 野 勝 種 時 代 の 福 山 城 城 下 町 地 図

下記の絵図は寛文時代(1680年)頃の福山藩城下町を記した地図です。上記(明治33年発行)地図と比較して見てください。

 

現 在 の 地 図 と の 位 置 関 係

上記絵図の中の(掘り・入り江・吉津川)などに色を塗り、その色を抜き取りグーグル検索により抜き取った色を地図の中にはめ込みました。するとほぼ位置関係が一致しました。従って当時の地図が如何に正確だった事に驚きを感じました。そして、江戸末期に描かれた(伊能忠敬)日本地図を思い起こしました。

 

2014/03/13 天明の篝火朗読劇のご案内
朗読劇 備後福山天明の一揆物語

日 持 2014年3月16日(日) 会場 13:30 開演 14:00

入場料 500円 (チケット販売) 神辺文化会館 ほか  上演 朗読劇(天明の篝火)上演実行委員会

場 所 福山市神辺文化会館大ホール

講 演 福山市・福山市教育委員会・福山文化連盟・財団法人義倉・財団法人福山市かんなべ文化振興会・神辺文化連盟

    神辺ふるさとの会

お問い合わせ 神辺ふるさとの会 (電話) 084-962-2554

 

2014/02/19 福山城完全復元写真

福山城と神辺城を現世に蘇えさせる。

今日、気がついたら今年に入ってブログの更新をしていない事に気がつき早速下記の写真を入れて書き込みました。今年に入って地元歴史関係を主に更新していた為、つい忘れていました。申し訳有りませんでした。昨年秋に2件(神辺本陣・福山城月見櫓2階)での後援依頼が有りました。昨日もある短期大学の教室にて90分の講演をしたところです。もし、(神辺城の歴史)・福山城の歴史)・(水野勝成に関わる歴史)の講演のご希望が有ればご連絡下さい。(090-1183-5715) プロゼクター付きの説明です。
下記の写真は2枚の時代の違う写真と正確な絵図による合成写真です、福山城を完全に復元しました。現在の伏見櫓(京都より移築)の前にあるはずの櫛形櫓が慶応元年焼却しています。その櫓と北側の櫓等絵図を書き込み福山城全景を明治初期頃に写真8割 絵図2割により完全復元写真に仕上げました。左側の絵図は福山城に移築された神辺城を黄葉山に想像復元しました。詳しくはこのホームページ神辺城の歴史(1)~(10)をご覧ください。

http://www.az-ok-net.com/untitled24.html

 

 

2013/12/29 新年の挨拶カード
   

あ け ま し て お め で と う ご ざ い ま す

2014年正月元旦 

https://www.youtube.com/watch?v=5rZ0k1Y7_X4

 

2013/12/24 クリスマスカード

 山下達郎さんのクリスマスソングの贈り物

今日はクリスマスイブの日ですね。皆様にとって、今年は如何な年に成りましたか? 今日も何時ものように活動されている

物と思います。ここで、(山下達郎)のクリスマスソングでひと時の時間をお楽しみ下さい。

 

 

 

2013/11/07 ある展示会を見ての思い

知的障害者への思いれ

 小雨の降る11月3日展覧会最終日(日)の午後広島の展示会場に福山から行きその時の感想をのべたいと思います。私の周りにも二人の障害者がいます。障害者の中にも色んな障害者がいる事を思い知らされました。この度二人の両親ともお話することができました。この二人の両親の共通点は大変強靭な心の持ち主です。下記の写真を見れば普通の女の子です。この子は言葉もしゃべれず、自分の意思を表現する事が出来ません。でも一生懸命生きています。普段の生活の中で母親は写真を撮り続けています。それぞれの写真が見る人と会話をしています。不思議な世界観が満ちあふれています。私の知っている同じ知的障害の人でもそれぞれ違います。もう一人の人は自閉症の障害で写真で見ると普通の青年です。今から10年前に絵を描く事を教え、最初頃は絵の具は食べられないのだと教える事が大変だったそうです。こちらから目標の絵を描かすと作品にならず自分の意思で描くとその人の色彩感が現れその人独特な世界観が感じられます。このコンビで来年は東京・ニューヨークでの展覧会を計画されています。外から応援したい気持と展覧会の成功をお祈りしたいと思います。

 

2013/09/11 展示会のお知らせ

洋画・水墨画作品展  (藤原清二・東 誠山) 2人展

・会期中の10月5日(土)・6日(日)・12日(土) 藤原清二・東 誠山は会場にいます。

2013/09/07 神辺宿歴史まつり

神辺宿歴史まつりのお知らせ

 

本陣会場 (福山市神辺町川北528) 会期  10月 19日(土)・20日(日)・21日(月)

【3日間各イベント計画あり】

 

最終日21日(月) 13 : 00 ~ 14 : 00 (約1時間)

・講演  プロジェクターによる絵で見る「 神辺城の歴史変遷 」

〈 講師  東   誠 山 〉

廉塾会場  (福山市神辺町川北640-3) 会期  10月 20日(日) 10:00~15:00 (1日間のみ)

・食事コーナー 「 神辺うずみ御膳 」

・廉塾土塀にてパネル展  展示者 〈 東 誠 山 〉

 展示内容 「 神 辺 城・福 山 城 と 福 山 藩 干 拓 の 変 遷 」

2013/08/01 第5回平和美術展

第5回平和美術展のご案内

会 期  8 月 1 7 日 (土)  ~  3 1 日 (土)

会場 まなびの館ローズコム1Fロビー

【 入 場 無 料 】

     出品作家

     井上泰三(油彩)・長谷川 樹(油彩)・MollyAcrman(アクリル)・Fred Rohde(写真)・長谷俊明(写真)・重政信明(彫刻)

     藤原清二(油彩)・小坂道和(水墨)・木村新一郎(書)・飯尾千絵(水彩)・上田小百合(アクリル)・東 誠山(クレヨン)

主 催   福  山  市  平  和  美  術  展  実  行  委  員  会

後 援        福  山  市  ・  福  山  市  教  育  委  員  会

 

平 和 美 術 展 関 連 行 事

( は ぐ る ま 座 )  峠 三 吉 「 原 爆 詩 集 」 の 朗 読

8 月 1 0 日 (土) 1 時 3 0 分 開 場  2 時 開 演

会場 まなびの館ローズコム4階大会議室

【 入 場 無 料 】

当 日 会 場 に て バ ネ ル 展 示 を 開 催 し ま す の で 少 し 早 め に ご 来 場 下 さ い ま す よ う お 進 め し ま す 。

 

2013/04/17 中国行程記を参考にした神辺城想像復元図

上記に描いた写真絵図は九代将軍徳川家重時代の参勤交代時に萩藩が描いた中国行程記の中に神辺絵図を発見しその中に神辺街道と黄葉山絵図の中に12の郭跡が表記されており、これでこの一級絵図と備陽六郡志の文献で神辺城の存在を確信しました。参勤交代時(1735年)の萩藩は海路にて大阪ー京都(淀川を利用)ー江戸(陸路)のコースで、約140年間の間、江戸途上していました。やがて山陽道の宿泊施設が整備され萩藩は郡地理図師(有馬聡太)が描いた山陽道街道絵図が完成する。その絵図

を参考にし、想像復元し現在に蘇らせました。

    詳しくは左記メニュー (神辺城の歴史・3 - 参勤交代時の城跡黄葉山と神辺街道) にてご確認してください。

 http://www.az-ok-net.com/history_hori-irie.html

2013/03/16 ライデン市からのメッセージ

今日、オランダライデン市のメルトモからボストカードが届いたのでご紹介します。ライデン市にて昨年の9月にライデン市にて立ち上げ(主に)福島の子どもたちへの心のサポート活動です。東日本大震災・原発事故により、今なお不安の中で暮らす福島の子どもたちへオランダの元気を少しでも送れたらという思いから生まれた当プロジェクトは、(オランダ風にアレンジした)てるてるぼうずを福島へ届けることを目標としています。オランダにて作っていただいたてるてるぼうずは、2013年3月11日の東日本大震災メモリアルデーにシーボルトハウス博物館にて展示し、その後発起人自ら福島やその周辺地域へ届けられました。2年前の震災直後、月に30件心配メールが有りました。2年後でも、このようなボランテア的活動は自然に起こるようです。私はそんなオランダ人が好きです。

 

 

 

2013/01/16 鞆の浦散策

連休後の昨日(火)鞆の浦で開催している(はじめまして展)に行ったところ休館日でガッカリしました。久々の鞆の浦なので気持を変え散策する事にしました。丁度、昼時でみやげ屋さんの紹介で中に入ると最高のお店でした。店の中は昭和初期の台所イメージをうまく利用をしご飯を炊く(くど)はマキストーブの役目をし家作りは江戸・明治・昭和と歴史を感じるお店屋さんです、メニューはハヤシライスのみで、その店はさりげなくテーブル台に保命酒4種類の瓶をおき自由に飲むことができます。ザル篭にみかんを提供しています。町中には無い心暖かいお店でした。ハヤシライスはボリューム満点で私には少し多かったです。鞆の浦の歴史のすきな方はシャレタ女将さんと会話が出来ます。是非おすすめです。(場所は常夜灯の近くです)  その後江戸時代栄えた頃の豪商の菩提寺であったお寺を散策し、当時一番栄えた山門のある沼名神社に行きました。その神社の中に豊臣秀吉遺愛のもので、京都伏見城内にあった能舞舞台があります、此の舞台は元和六年伏見城解体の際、福山城主水野日勝成が徳川二代将軍秀忠から拝領、のち万治年中(1,660年)当社に寄進されたもので、組立式能舞台として日本唯一のものである。最後に保命酒の製造元に行き面白い柱時計を発見し近くで見たらアメリカ製です。お店の人に聞くと幕末の阿部正弘公とペーリーとの通商条約に福山城特産として食前酒として用いられペリー総督も愛顧したようです。その時のお礼の時計だそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

神 辺 城・福 山 城 展 示 中 の お 知 ら せ

「 神 辺 城・福 山 城 模 型 展 示 公 開 中 の ご 案 内 」

来月6月15日(月)まで展示公開中 場所神辺図書館ロピーにて

先月、4月1日~6日迄 福山本通り(ふくふく)で大盛況だった同じものが地元神辺図書館ロビーにて展示しています。 制作者 和久井裕道氏 (神辺在住) 来月15日以降は神辺民族資料館にて展示予定。

(写真撮影はOKですので自由におとり下さい)