文字サイズ

 

私のつぶやき

2014/09/08 2014 菅茶山記念館企画展愛 ーと平和を求めてー

長 谷 川 樹 展

長 谷 川 樹 展 
2 0 1 4 年 〜 9 月 2 3 日 (日)
AM 9 : 00 〜 PM 5 : 00 (月曜休館)
2階展示室 1・2階ロビー


(お問い合わせ) 菅茶山記念館 ☎(084-963-1885)

入場無料

 

無量寿
 

2014/08/17

〈 素 晴 ら し い 虹 の 光 景 〉

先日の夕刻東の空を見ると急に日が指し近くの山景色が、今まで見た事のない黄金色に覆われ見事な虹の出現の光景を見届けていました。そして、虹の橋げたから橋げたの撮影を撮るためその場所を移動をし振り返ると先程の虹の姿は消えてなくなっていました。振り返るその時間はわずか3分でした。

2014/05/23 プロフェッサー・ポエム (作者:ゲシニケ・ビールマン)

良い子供にインスピレーションを与えて自分で詩を作る為の手引き絵本。

昨日オランダ人の知人から下記の絵本が届きました。本文はオランダ語で解らないのですが、この本の原作者で有る私の知人(ケシネケ)さんが一枚の英文で本のあらましを書かれていましたので、ご紹介します。

 「プロフェッサー・ポエム氏」の英文要約

プロフェッサー・ポエムは滑稽な教授で、おしゃべりしながら、語呂合わせをするのが好きです。彼は、世界一のペット(紫色の「ロトジェフラー」) と、自動詩作機を発明しました。しかし、何かが足りないことに彼は気づいています・・良き詩を良き詩たらしめるものです。インスピレーションと いう魔法の何かが足りないのです。彼は、インスピレーションがどこから来るのかを確かめるために、実験をおこないます。最終的には、それを自分の 機械に組み込もうと思っています。しかし、彼は実験中に眠ってしまい、そして、とてもインスピレーションあふれる夢から目覚めます。一方彼のつま 先は何かにかじられているようです。録画機には、ねずみの姿しか見えません。ねずみ?ねずみがインスピレーションを届けてくれるのだろうか?「ね ずみ君、こっちへ戻っておいで!」

ある日、おりの中に入ったネズミをじっと見ながら、インスピレーションはどのように働くのだろうかと考えているときに、郵便受に郵便がことんと 入ってきます。中には俳句しがありません。ポエム氏は即座に、それが日本のおじさんの「しいさん」からおくられたものだと分かります。詩作機械は うれしそうに反応し、一日中外をながめている、ポエム氏の年老いた母親について、別の俳句を作ります。その時、ポエム氏は庭のベンチに誰かが座っ ているのに気づきます。それは、髪に青い花を挿した少女でした。ポエム氏はとてわくわくして、書き出しの文をいろいろ考えます。やっとそれが決 まったときには、少女は消えていました。ポエム氏はとても悲しんで、自分がいまや恋をしていることに気づきます。その少女は戻ってきません。それ で、ポエム氏は怒ってしまって、特別な怒った詩を作ります。(効果はあるのですが、こっけいで、空想的な言葉でできた詩です。)機械はうなり声を あげ、止まってしまいます。ポエム氏が修理していると、口笛を吹く音が聞こえてきます。それはあの少女でした。彼女は機械のなくなった部品をフ ルートとして使っています。ポエム氏はすぐに彼女のところへ行こうとして、隣の庭でこけ、詩が彼の頭の中をぐるぐる回ります。その少女が彼の耳元 でささやきました、「それは秘密なのよ、ポエムさん、それは秘密なの」。ポエム氏はやっと分かりました。良き詩を良き詩たらしめているものは、神 秘的なままでなければならない何かであり、それは推測すべきものであると。その後ポエム氏はとても幸せに詩的に暮らし、青い花を髪に挿した少女 も、時々やってきては、彼にインスピレーションを与えてくれるのでした。

そこで、一つ疑問が残ります:なぜ、ポエム氏は昔風の水着を着ているのでしょうか。それはね、良い詩かどうかを試す方法なのです。良い詩なら、詩の中を泳ぐことができるのです。水しぶきをあげて飛び込み、プールの底からプールサ イドま
で泳いで、それが良い詩だと知ることができるのです。

'Doen'の意味:
子供のための楽しい課題です、子供にインスピレーションを与えて自分で詩を作れるようにするための・・・・。

作者:ゲシニケ・ビールマン ・ 挿絵:マリエラ・ヴァン・デ・ビーク ・  (2014年)

( 上記の英文 )


 

2014/04/10 福山城入り江の思いで。

戦後都市計画で昭和25年に下記図の場所まで埋め立てられました。

今日、私は福山ディオン本店にマックの部品を求め福山に行き、ついでに過去入り江だった福山市立大学付近を散策しました。この公園場所付近が当時幅が一番広く中学校の時この付近に有った船乗り場(三陽汽船)で、岡山県の白石島・北木島に良く行ったものでした。そんな子供心の懐かしさを偲び戦後地図を加工しましたので皆様にご紹介します。私の記憶ではここの入り川の幅が約100M以上有ったと思います。

 

戦 前 の 福 山 市 の 地 形 地 図

下記の地図は戦前の市制施行約25年後の地図です。町名が村から町に変わり駅前大通はなく現在の国道2号線の位地も違い、現在の大垰(313号線)を通ってた両備軽便鉄道が昭和10年に廃線に成り現在の芦田川沿いになった様子が見る事が出来ます。この地図より地形の新発見を見つけてください。

(入り江の埋め立て変遷・吉津川の川幅の変化・鷹取川の神島橋側の土手の造り)など色々見る事が出来ます)

2014/04/04 水野勝成上陸時の地形と明治33年地図との関係

地図から読み取れる 福山城の変遷

水野勝成公一行が上陸した場所は蔵王山麓の綱木でした。その頃の福山は遠浅な海だった。上陸日時は1619年の8月20日に上陸し山越えである、現在の蔵王小学校を通り神辺の丙谷を超え神辺城に入府し、すぐ城候補地求め(箕島)・(新市坂田城)いずれも利に合わず、この地図の深津郡野上村の常興寺山(常興寺)一帯が選定された。築城工事が始まったとされる12月末とされている。その間4ヶ月半かけ新築築城の為の神辺城の解体・京都伏見城の櫓の解体、その間の常興寺山の整地のため出た土を埋め立て工事に使用し、裏山の切断工事をし芦田川を引き吉津川と城からの入り江を直結させ、当時としたらとてつもない難工事だったと推測できます。解体作業以外の工事は年明けのようである。

 

( 明 治 3 3 年 の 地 図 を イ メ ー ジ 加 工 )

 

福山城は10万石の城としては破格の巨城で特に5重の天守や三重櫓7基を始めとした27櫓を数える櫓の数は特筆である。更に築城後には幕府公金から金12,600両・銀380貫が貸与されるなど、天下親藩に準じる扱いを受けており、福山城が西国街道瀬戸内海の要衝を護る城として幕府に期待されていたことが伺える。なお、ここまでは1期工事に過ぎずここから干拓事業が始まり、勝成の死後、勝俊、勝貞、勝種と続いたが、元禄11年(16985代藩主水野勝岑の早世により断絶しております。検地の結果5万石の増が出ています。水野藩の干拓事業は現在の福山市の基礎を築いた水野藩ある。

元禄13年(1700年)、松平忠雄が水野時代から5万石分の領地を削減された10万石で入封する。しかし、忠雅は10年後の宝永7年(1710)に再び伊勢国桑名藩に移封させられ、同年、阿部正邦が下野国宇都宮藩より10万石で入封する。その後、正福、正右、正倫、正精、正寧、正弘と続くがその殆どが江戸住まいで福山に帰城することも希であった。また、阿部氏の時代は危機的な財政難が続いたこともあり、享保15年(1730)には本丸御殿の奥向部分が江戸藩邸に移され、寛延3年(1750年)には二の丸下段の城米蔵が取り壊されるなど、必要性の薄まった施設は撤去されていった

慶応元年(1865)、阿部家9代藩主阿部正片が第二次長州征伐参加のため石見国へ出兵することになり、その準備を行っていたところ、二の丸南側の櫛形櫓で火薬が爆発し隣接する鎗櫓、鉄砲櫓、番所が櫓内の武器と共に焼失した。この火災は閉門後であったため死者は番人1名に留まったが城下は大混乱に陥ったといわれるその後、長州軍との戦いは完敗し、兵を引き揚げた福山藩は幕末の動乱を傍観していたが、第二次長州征伐から3年後の慶応4年(1868年19日に西国における幕府側の重要な拠点であった福山城が初めての攻撃を受けることになった。

王政復古により新政府軍(長州軍)は徳川譜代である福山藩を朝敵と見なし備後国へ侵攻した。福山藩はこの直前に藩主阿部正方が急死し藩内の実権を勤王派が 握っていたことなどから、藩主の死を隠し当初から迎撃を諦めて福山城に立てこもった。城下の手前まで進入した新政府軍はまず城の北西(現在の市内北本庄町)に ある円照寺に陣取り福山城の北側から大砲による攻撃を開始する(焼失前の天守にはこのときの弾痕が残されていた)。その後、新政府軍は城内へと進攻し小丸山や松山か ら城に銃撃を浴びせるが、福山藩の反撃により新政府軍の藩兵3名が戦死した。しかし、福山藩首脳らの奔走により新政府軍が本格的な攻撃を開始する前に福山 藩は恭順を許されることになった。これにより城下は戦火から守られたが、後に福山藩兵は新政府軍の先兵として不遇の扱いを受けることになった。正方は世継 がないまま死去していたが、福山藩は幕末の混乱に乗じて安芸広島藩主浅野長薫の実弟阿部正垣を養子に迎えることでお家断絶を回避し大政奉還を迎えた。なお、正方の遺体はこの戦いの直前に小丸山に仮埋葬されていたが、明治2年(1869年)に市内北本庄町の小坂山(現在の小坂山神社)に築かれた墓所へと移された。そして、明治政府の世となります。そんな過去の事を思いながらこの明治33年発行された地図をご覧ください。

 

水 野 藩 の 干 拓 経 過 の 変 遷

下記の干拓図の中で水野家意外の干拓藩は次の通りです。

甘山新涯 天保 (1830 ~ 1844) 阿部正寧・阿部正弘

会社新涯 明治24年 (1891)

                                           ( 福山市史最新版参考 )

 

2014/03/30 深津島山
 深津島山の大蛙岩と大蛇逸話伝説

私は子供時代に下記の深津島山(下記の薬師時・西浜)付近に住んでいました。このホームページでも紹介していますように、6年前から地元歴史を勉強しています。今月の初めに水野勝成一行が上陸(1619年7月20日)した場所の情報を知りその時代、船を綱いだとされる(舫石)の写真を撮りに行きました。その場所が下記に示した絵の右上に示す綱木と言う場所です。この深津島山(深津高地)蔵王山麓だったのです。その時代のもっともっと昔の時代、(蛙岩と大蛇)逸話伝説を思い出しここで、ご紹介したいと思います。

昔々、深津島山に西浜の地に有った大岩に大蛙が住んでいました。その時お腹を空かした大蛇がその大蛙を見つけ追いかけ、必死に逃げ回るが進退がきわまり、その恐怖の念が凝りつき身体が固まって岩に成りました。大蛇は食おうと思ったその光景を見た大蛇は気落ちして、大蛇自身も気落ちしてその一念が凝り固まって深津島山に成ってしまいました。

蛙岩の場所は(福山市港町1丁目 港町公園の片隅)  大蛇の頭は(王子山)で胴尾びれは現在の蔵王山麓までの深津高地です。

 

のちの時代の王子山は水野勝成公が福山城築城(1622年)より前、(関ヶ原の戦いの前)1583年に神辺城城主 吉川元春(毛利家次男)・元康(毛利家8男)が王子山城と瀬戸城を築城しています。

 

 ( 下 記 図 の 深 津 島 山 半 島 は 大 蛇 に 似 て い ま せ ん か ? )


2014/02/03 BAN GOGH (印象派画家)と日本の浮世絵関連影響作品を紹介

 

ファン・ゴッホ (印象派画家達)と日本の浮世絵の影響について

先日、知人オランダ人がゴッホ作品集を送ってきました。上記ゴッホ作品集はオランダ人自ら企画構成し評論した日本語版作品集をみて当時の印象派の画家達が日本浮世絵の構図・色彩・日本流遠近法・自然描写など如何に影響されたか、改めて日本の文化の底力が思い知らされました。

(大はしあたけの夕立) 歌川広重の浮世絵模写 (1887年)

彼がこの作品を選んだのは、雨が日本の版画の典型的な主題だったからに違いない。今回は左右だけではなく、上下を含む絵の周囲全部を装飾的な縁で取り込み、漢字を書き込んだ。文字は彼の独自性により様式化されている。

2013/12/29 Card at new year.

A  H a p p y  N e w  Y e a r !

I greet it at the new year

Day of January, 2014

 

 

2013/12/27 地元歴史講演記録

 

去る10月21日(月) 神辺本陣屋敷内・11月19日(火) 福山城月見櫓2階での最高ロケーションにて講演を開催し大変好評をえました。いずれもプロジェクターによる映像表現しながら説明しました。過去10回程講演した共通点は神辺城の存在、その神辺城の櫓群と都京都伏見城の櫓群が福山城に移築されたこと、築城当時は姫路城より負けじ劣らない城だった事実、又福山城は空襲によってほとんどの櫓が消失したと思っている人が9割以上だった事が驚きでした。廃藩置県の時に櫓が壊された事が伝わっていない。もし宜しかったならこのページのサイドメニュー(神辺城の歴史 1~10)で確認してください。

2013/06/26 第5回平和美術展 (2013)

 

 

         8月17日(土) ~ 31日(土)              8月10日(土) 午後1時30分会場 2時開演

        (まなびの館ローズコム1Fロビー)                  (まなびの館ローズコム4F大会議室)

毎年暑いさなか平和絵画展を開催しています。今年も国内外の12人による平和美術展を開催します。この美術展は市民レベルの純粋な気持で毎年開催し、ささやかな平和活動を皆様方と共に輪を広げたいと願っています.皆様のご来場を心よりお待ち申し上げます。

                                           平和美術展実行委員会

 

2013/04/27 不思議な霧の変化状況

先日3年前の写真を整理していたら上記の不思議な霧の変化状況を我が家の2階ベランダにて撮影したものをこの度スライドショーにてご紹介します。私の記憶では3年前の8月12日我が家の周辺にオーブ現象が現れその正体を突き詰めるため毎夜写真撮影していた時この現象が現れました。今から5年前に三次のお寺にて私の知人のカメラの中に同じような龍の姿を見たことが有ったので私のカメラに同じような現象を見るとは想像しませんでした。世の中には不思議な現象が有るものですね。

3年前、私の二階ベランダに現れた龍らしきスライド写真の紹介。

 


 

2013/03/16 参加お願い。

今週の13日(水)東京の知らない人からチラシの注文を頂き目的を聞きました。現在こうゆう人がいるのかと感心しました。

内容は過去観光で宮島に初めて行き、宮島鳥居地の引潮時に外人とともに鳥居付近に行き空き缶等のゴミの多さに驚き落胆し、これが世界遺産の島なのか、その日に廿日市市役所に行きゴミ箱の取りつけ申請をしたそうです。

その後仕事の都合をみつけ宮島に行っては宮島山岳会の方々と清掃活動とシカ保護活動されています。

来週20日(春分の日)午後宮島に入り20日~22日は清掃活動し、
 

( 平 清 盛 祭 り )
23日(土) のam-10:00~pm5:00までチラシ配りされます。
チラシの内容は下記の通りです。
 

 

 

 


宮   島
世界に誇る島づくり

大鳥居や市街地をキレイにしよう。シカがゴミをあさったり
引っひっぱりだしたり出来ないデザインの(ゴミ箱)の設置を
廿日市市役所にお願いするため

デザインをメールで募集しています。
gomibaco@gmail.com まで

3月23日(土)
am10 : 00~pm5 : 00


都合のつく方は上記の時間帯にご参加よろしくお願いします。
 

 

 

2013/02/20 福山城東側(長屋門)

先日、鞆の浦散策中に常夜灯近くに有る保命酒の酒蔵元(岡本家)を訪ねました。目的は明治6年福山城櫓取り壊し(廃藩置県)時に(長屋門)の移築状況の取材に行きました。右記の写真の建物は、福山城内東側にあった長屋門であり明治の始め「廃藩置県」にて岡本家に民間払い下げにより明治6年(1873)一部を譲り受け海路(いかだ)にて運びここに移築されたと言われている建物です。この建物の屋根を注目すると水野家の家紋(おもだか)の瓦で歴史的にも貴重な建物である。持ち主との会話の中で三の丸東側の位地した長屋門しか解らず、のちに明治初期の写真と略図の中の東外堀の涼櫓と長屋門らしき図と同一で有る事を発見し、おそらく赤印の建物と思われる。建物の大きさは(17.15m×5.27m)で建物面積は90㎡である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2012/12/31 謹賀新年

謹    賀    新    年
2013年元旦
本年も宜しくお願い申し上げます。

 

 

春の海
 

 

 

2012/12/19 クリスマスソングをどうぞ

クリスマスカードとクリスマスソング
( Christmas card and Christmas song )

 

 

クリスマスの贈り物

 

 

 

2012/11/09 鳥が群れで飛ぶ行為について

秋も深まり、直ぐそこに冬が来ている今日このごろです。良くテレビニュースで鳥が群れで飛ぶ行為について見た光景が目の前で見ることができました。全ての鳥が誰が合図したともなく同じ動きをして飛んでいるように見えます。何百羽という群れが寸分のくるいも無く飛ぶことが出来るのは何故なんでしょうか。この光景を見て約5分後駅前通りの樹木の小枝に止まり凄い鳥の鳴き声が騒音のように聞こえました。コウモリのように超音波を出して障害物を感知したりしているわけではないと思いますが・・・。もしご存じの方いらっしゃいましたら宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

2012/09/24 講演会の様子

9月6日(木)出版記念講演会開催の様子。
この講演会はプロジェクターを使用しギャラリー会場にて約40数名の中で開催しました。映像を見せながら約1時間説明しましたので好評を得ました。
これからも地元歴史(神辺城・福山城の実在)を多くの人に知って頂くため講演活動を開催したいと思います。10人以上から開催しますので下記の携帯電話までご連絡下さい。

 

携帯 090-1183-5715
 

 

 

 

 

 

2012/08/13 平和音楽祭

昨日12日まなびの館ローズコムにて平和音楽祭を開催しました。この音楽祭は平和美術展の一環行事です。シャンソン系の歌手による音楽祭で会場からプロの生の声が聞こえたと歓びの声を聞きました。来年も機会があれば計画出来ればと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

2012/07/13 平和美術展2012のご案内

長い梅雨の季節、まだ続きそうですね。いつも暑い最中8月3日(金)~15日(水)まで平和美術展2012を開催します。今年も昨年と同様国内外12人の作家による展覧会です。人それぞれ平和への思いを込めて展示しています。尚,8月12日(日)午後1時30分より平和音楽祭を開催します。合わせてご案内申し上げます。

 

 

平 和 美 術 展 2 0 1 2
8月3日(金)~15日(水)
(まなびの館ローズコム1Fロビー)

出品者
Molly Acerman アクリル (アメリカ)・Fred Rohde 写真 (オランダ)・長谷川 樹 油彩 (物故者 福山)・井上泰三 油彩 (福山)・重政信明 彫刻 (福山)・藤原清二 油彩 (福山)・小坂道和 水墨 (福山)・小林千恵子 日本画 (福山)・木村新一郎 書 (熊本)・飯尾千絵 水彩 (広島)・上田小百合 アクリル (広島)・東 誠山 クレヨン (福山)

 

 

 

 

平和音楽祭 (無料)
8月12日(日)午後1時30分開場 2時開演
ローズコム4F大会議室

出演者
桃香 (歌手)・ゆう (歌手)・岡崎雅亮 (歌手)・石田美智代 (ピアニスト)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2012/05/01 森井真智子の書作展

私は時おり菅茶山記念館に自転車にて散歩がてら良く見に行きます。神辺美術協会の「森井真智子」さんの書作展が今月の27日(日)まで開催中です。中でも写真の右端の掛け軸4展が印象的でした。薄墨にて「月」を表現し農墨でその上に書き込み十分の余白を利用した作品です。同意図の4点の掛け軸が展示してあります。トータルで70点展示しています。

 

5月27日(日)まで開催中!!
場 所 ・ 菅 茶 山 記 念 館
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2012/03/09 戊辰戦争に思う

私は今、地元歴史書(神辺城の存在と福山城の歴史変遷)を自費出版するため、3年かけて8月を目標に現在、全体をまとめ中です。その中で幕末の変遷を調べていたら戊辰戦争に福山藩も(薩長)の要請で参戦している事が解りました。慶応4年(1868年)1月3日、大坂の旧幕軍が上京を開始し、幕府の先鋒隊と薩長の守備隊が衝突し、鳥羽・伏見の戦いが始まった(戊辰戦争開始)。又福山藩は函館戦争へも参加しています。この戦いは箱館戦争(慶応4年/明治元年 - 明治2年(1868年 - 1869年))は、戊 辰戦争の局面のひとつで、新政府軍と旧幕府軍との最後の戦闘である。旧幕府軍の 蝦夷地での根拠地から五稜郭の戦いとも呼ばれる。旧幕府軍の最後の砦である五稜郭の幕府代表者榎本武揚(えのもと たけあき:34歳)は福山神辺出身です。したがつて部分的に福山人同士の戦いでもあった。(当時の薩摩藩の珍しい薩摩藩士の写真をフルカラーにしましたのでご紹介します)
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2012/03/03 4年振りの再会!!

私は先月海外出張前に成り行きでフェースブックに参加し2009年にオランダにて知り合った顔写真を見つけフエースブックメールにて確認した所やはり同一人物でした。非常に懐かしく思いました。彼女はギターリストで、私にとって特に印象深く、今から4年前ライデン市にて2時間、私の水墨画ワークショップに参加され、終了後皆で30分間掃除をしている間ずっとギター演奏してくれました。そして彼女の演奏会と夜のパーティーと3回逢いました。そんな彼女と4年後にフェーブックで巡り逢うとは想像もつきませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

2012/02/25 海外進出について

昨年の11月と先日インドネシアに行き、私達が思っている以上に経済の成長に驚きました。スカルノハッタ空港からジャカルタ市内迄約35Kmあります。時間帯で空いとる時は1時間が通常で少し込むと2時間~3時間で大雨が降ると大交通停滞、金曜日は6時間かかるそうです。空港からジャカルタ市内間での高速風景は東京・大阪と変わらなく高層ビルが建ち並び今も建設中の建物が多く見受ける事が出来ます。インドネシアの今の人口は2億5千万です。自動車とバイクはハンパではない程多く走っています。以前国民車として韓国車が普及したが、故障が多く現在はトヨタが中心で日本車が97%占めています。現在、韓国人が5万人・日本人が1万人の比率でインドネシア各地に経済活動しています。特に韓国人の若い層が空港などで目につきます。ジャカルタ郊外の工業団地は100%完売だそうです。今から数十年前中国に思いつきで進出した企業のほとんどが失敗して国内に帰った経緯があります。今の政府の国内経済方針の速度で行けば国内での日本経済は埋没危機に来ています。したがって企業自ら自己責任で海外に進出し現地で日本流の商品開発をし国内から国外に進出し外貨を稼ぎ日本国内の企業雇用をつくる事が近道かもしれない。今の民主党に国民生活を委ねたが、結果はだめだった。
 

 

 

2012/02/15 神辺美術協会新春展

今日,神辺美術協会新春展の後期展(日本画・工芸・書・デザイン)が菅茶山記念館にて今日から今週の日曜日(19日)まで開催しています。

私もデザインで出品をしています。私の作品は1619年水野勝成が神辺城に入城した頃のイメージを現在の紅葉山に城(A3)を再現し現代に蘇らして見ました。

4通りの角度から見た作品にしています。2階に展示していますので是非ご覧下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2012/01/10 オランダからの便り。

2012年1月10日 (晴れ)

昨年の暮れ、オランダのメル友の赤ちゃん誕生記念日に1年間の生長記録を録本(20頁)にしてプレゼントしました、その御礼に今日私の誕生祝いに下記の手作り誕生祝いカードと立体カードを送って来ました。カードの中に次の英語文がありました。
(Happy birthday dear Azuma san !)  私は、国際交流として今年で4年目に成ります。この記録本は生まれた時の日から1年間月2枚~8枚の写真をメール更新して頂き、1年間の生長写真集にまとめ製本し誕生プレゼントしました。この赤ちゃんの名ジェーシーちゃんと言います。私にとってこの子は外孫のような気分でこれからも生長を見守っていきたいと思います。私はこの他9人の外国人とおつきあいしています。日本では生まれた時に手形、足形を取りますがオランダでは1歳の誕生に足形を取るうですネ。このほか日本人の気質と良く似ている事が有ります。それは遠慮をする気質が有ります。お腹が空いていても、今食べたばかりだと言います。私はそんなオランダ人が好きです。これからもづっと。

 

 

 

2012/01/01 今年の思い。

2012年1月1日 (晴れ)

辰年は、西暦年を12で割って8が余る年が辰の年となります。昨年は東北大地震が3月11日に起こり,日本国にとって未曾有の年と成り東電・政府の初動行動の不備で今だもってハッキリしない現地の状況です。今の政治家の行動は自分たちの政争にし、もの事を先送りし国民不在の政治ばかりが進行している現状が続いています。此のイライラ感は私だけでしょうか。今年は国民一人一人が政治に感心をもち自分が今、何が出来るか? そんな気持で政治に感心したいものである。