文字サイズ

 

10 - 明 治 2 4 年 に 完 成 し た 鉄 道 ル ー ト の 謎

 

山 陽 鉄 道 ル ー ト の 謎

 明治24年私鉄山陽鉄道が福山駅まで完成しました。上記の航空写真地図から推測すると私は疑問を持ちました。深津山

 を切断する難工事を選択してまで水野勝成の菩提寺を切断をし、そして福山城の堀を埋め立てしてまで現ルートを決め

 たのでしょうか ? 当時の明治政府は主要幹線である東海道線をを優先するため、また財政難を含めて工事を民間に移譲

 しました。当時の明治政府は、私鉄工事に関して明治政府の所管が管理する方式を採用しました。その時の初代長官が

 井上勝鉄道長官でした。この人物は長州藩の中で5傑の指に入る重要な人物である。工事に関するすべて相談の窓口とし

 強い権限を持っていました。当時明治政府が樹立するまで、長州と福山藩は外様と譜代大名(幕府側)の敵対関係でした。

 福山藩は幕府の命令で二度にわたり長州征伐に和睦と交戦をしています。これらの情勢を考んが見れば、このルートも

 有りかなと推測できます。当時もし工事のし易い新ルートを採用していれば全ての堀の遺構が残り姫路城に匹敵する城
 規模として全国から脚光を浴び多くの観光客で別の福山市が想像できます。

                                          (私の所見)  東 誠山

                                         

築城時の福山城想像図と現代の山陽本線位置図 (福山駅前位置の船入り)

 

明治24年鉄道開通から新幹線福山駅がで出来るまでの鉄道スライドショー          

 

 

 

 長 時 編 こ の 地 元 歴 史 コ ー ナ ー の ご 拝 読 あ り が と う ご ざ い ま し た 。